小池百合子東京都知事来校!

当校では救急救命士の養成にあたり、質の高い講義を提供する観点から、政界、財界、スポーツ界から著名な方々を招聘し、メッセージを頂いています。

過去には猪瀬元東京都知事、東国原元宮崎県知事、黒岩神奈川県知事、工藤公康ソフトバンクホークス監督なども来校しています。

今日は、東京都知事 小池百合子氏が来校しました。今朝のニュースで報道されていますが、昨夜は都議会が深夜2時まで及び、大変疲れているにも関わらず、救急救命士の卵たちのために足を運んで頂きました。

東京都の防災を中心に講義を頂き、その講義のお礼に、学生から東京オリンピック・パラリンピックを想定した負傷者の対処デモンストレーションを英語にて行いました。
終了後講評を頂き、結びに「命の大きさは計り知れない、ひとりでも多くの命を救ってほしい・・」と学生たちにメッセージを送り学校を後にしました。

お疲れの中、本当に有難うございました。心から感謝致します。

教育学園 理事長 宇野弘之

NONALNUM-A3B1C3CEBBF6


NONALNUM-C3CEBBF6A3B2


― posted by 広報 at 02:45 pm

 

備えよ 常に

今日は忙しい朝となりました
天気もよく、一日頑張りましょう

さて、今日は21回生が英語でのシミュレーションを実施し
成功に終わりました
直前まで練習や微調整を重ね
最後までやりきっていて
とても頼もしく思いました

外国人のチョップ先生も私たちに協力してくださり
学生もいい経験を積むことができたと思います

私個人としては、本番のシミュレーションが一番良くできていたと思います
しっかりと隊の活動が出来たことは
とても頼もしく、凛々しく見えました
活動を見たとき、信用できるかどうかは
あのような凛々しさが必要になります
しっかりと声を出し
活動の統合を図る
それが大事なことです。

今では日々の訓練が懐かしく
また
頑張ってきた時間も思い出です

よく頑張っていた学生を誇らしく思います

さぁ午後は授業になります
しっかり頑張りましょう:)

― posted by 広報 at 12:09 pm

英語のシミュレーション

今日は暖かな日になりました
体調にも気をつけてください

さて、今日は明日に行われる外国人CPAの症例に向けて
1班が練習調整をしています

この3週間、彼らはずっと練習を重ねていて
これでもかというくらい頑張っています
それをずっと見ていた学科長は
よく頑張っていると評価していました。良かったですね:)

私たちは傷病者に対し、
いろいろな問題もあると思います
言語、宗教、想い、死生観など
いろいろなものを受け入れて
「生きる」というために私たちが助けるのです
心細い外国人に対し
最大の配慮をしながら。

それはとてもむつかしいことですが
とても大切なことです。
日本には
おもてなしの文化があります
東京オリンピック招致のときに
それをアピールしていましたね。

そのおもてなしの文化を持つ私たちが
救急救命に携わるのですから
それは質のいいものでなくてはなりません

相手を思ってこそ。

さぁ今日も頑張りましょう(QQ)

― posted by 広報 at 11:58 am

災害訓練

今日は一段と冷えますね
私は寒いのが苦手なので、こういう日が一番苦手です
体調管理をしっかりしましょう


さて、昨日は21回生は災害訓練を行いました
指揮隊長のもと、11名の傷病者をトリアージして搬送するわけですが
いやはや とても大変な作業です
私は治療部門で学生1名と一緒にトリアージや必要な治療を行いましたが
考えられる状態から、早期搬送を優先していました
いろいろなことを考えて
学生がせっかくトリアージしているのですから
それを無駄にしないように私も全力で頑張りました

しっかり真剣にやっているので
人命救助をする厳しさもわかってもらえたのではないかと思います

どれが正解とはいえないことを
考えながらやっていく
それはとても力も知識もそして時間もいることです
だからといって私たちが災害をおろそかにしていると
救命できる命を無駄にしてしまうのです
だからこそ、いまはいろんな引き出しを作るために
いろんな考えを持ち合わせるために
互いの意見を受け入れ、自分の意見をいい、
さまざまなことを経験すればいいと思います

あのような場面で
私はいつも思うことがあります
「これが実際だったら」
そう考えると、訓練はとても貴重です。
自分が安全に救助するための訓練です。
多くを助ければいいという判断ではだめです。

自分が安全に人命を救助できて
はじめて仕事が出来た!となるわけです。

気持ちが熱いうちにぜひ振り返りをしておいてください
気持ちはどんどん冷めてしまいます
やりっぱなしにしないで課題を見つけ出しましょう

今日もがんばっていきましょう:):D:)

― posted by 広報 at 10:33 am pingTrackBack [0]

勉強と自分

今日は少し暖かな日差しが出ています
元気に過ごしていますか?
20回生は欠席の学生が相次ぎ、国家試験前だというのに
なんとも・・・・

さて、今日は勉強の話を少ししましょう
勉強が進むにつれ、全体を捉えるようになってくるのですが
机上とシミュレーションがつながらなかったり
解剖生理学と病理学がつながらなかったり
多くはそこで躓くことがあります

今やっている特定行為は
呼吸器、循環器の理解が必要です
呼吸器の解剖学、機能、構造、傷害されて出てくる症状などなど
いろいろなことから捉えてくる必要があり、
その中でも「特定行為」をやったほうが有益であると判断したときこそ
特定行為を行うことになるわけです

教科書を読み込んでいく
ノートを作る
メモを作る
問題を解いていく
友達に説明する
などなどさまざまな勉強方法があります。

私は学生の時には
すべて教科書に書き込んでいたので
教科書がすべてでした
読んでわからないことは、調べる。
そのときに、その単語にマークしておき
調べたページ数を記載しておく
簡単に説明を書き込んでおく
そんな感じで進めていました。
どの単元をやることになっても
まず解剖を理解しているか?が大事になってくるので
解剖を読んで、単元を読む・・・
その繰り返しだったように思います

自分の勉強スタイルが
どれが一番か?というのは
学校の試験の点数だけでなく
理解の深さになります。
学校の試験はあくまでも単位認定試験であって
傷病者に通じるものではありません

救急救命士の質にこだわるのであれば
間違いなく、「理解の深さ」にこだわりを持つべきです

さぁ今週も頑張りましょう:)

― posted by 広報 at 09:06 am

<< 2019.2 >>
SMTWTFS
     12
34 5 6 7 8 9
101112 1314 15 16
1718 19 20 21 2223
2425262728  
 
T: Y: ALL:
Created in 0.0151 sec.