職域の拡大

厚生労働省が動き出す!!

法律の改正!??

救急救命士法第44条の2項
(特定行為等の制限)
第四十四条  救急救命士は、医師の具体的な指示を受けなければ、厚生労働省令で定める救急救命処置を行ってはならない。
2  救急救命士は、救急用自動車その他の重度傷病者を搬送するためのものであって厚生労働省令で定めるもの(以下この項及び第五十三条第二号において「救急用自動車等」という。)以外の場所においてその業務を行ってはならない。ただし、病院又は診療所への搬送のため重度傷病者を救急用自動車等に乗せるまでの間において救急救命処置を行うことが必要と認められる場合は、この限りでない。

つまり、救急救命士は現在は救急車内か救急現場でなければ特定医療行為は行ってはならない訳です。

しかし、これだけの知識と技術を有している救急救命士を、救急車だけに縛る事はおかしいとの世論で、法律改正案が出たわけです。

25日に我校に、厚生労働省医政局役人が来校、知識、技術の実態を把握します。
病院で救急救命士が活躍する姿を見る日は近いですね・・剣道家43

1


― posted by 広報 at 12:07 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2011.2 >>
SMTWTFS
  1 2 3 4 5
67 8 9 10 11 12
1314 1516 17 1819
20 21 2223 2425 26
27 28      
 
T: Y: ALL:
Created in 0.0150 sec.