夢のような話

おはようございます
今日は少し寒いような気がしますが
元気に登校していますね

私はここにきて2年目になります
去年の今頃はバタバタの中で
授業の準備をしたり
授業をやったりと
あまり記憶にないことも多く
今年は少し気持ちにゆとりも出来ています

また機会があれば3次救急にもどり
救命に関わりたいと思っている反面
このまま教員で終わるかもしれないという気持ちも
どこかであります
私がスタッフとして出来ることには
救命、重症集中という道がありますが
救命できる人数に限りがあるのではないかということ。
教員でたくさんの学生を教えていれば
いずれはたくさんの人を救命してくれるとなれば
私が救命している人はとても多くなるのではないかと思うのです
しかし、臨床で学ぶことの大きさや価値は
とても大きく貴重であり、尊いものです。
だから出来る限り臨床という場で免許を使いたいとも思う

学生を見ていると
出来ない学生が出来るようになっていく過程が
楽しいと思うし
上を目指すキラキラした学生を見ていて
自分も頑張ろうと思える。
その瞬間もとても貴重な時間であると思っています。
こんなことを考えているのも、いつかは夢になってしまうのかな。


今、私が出来ることを全力でやる。
皆もそうであるように、私も全力で頑張っていかないと。
そう思っている今日この頃です。

さぁ今日も一日頑張りましょう:)

― posted by 広報 at 08:32 am

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2019.4 >>
SMTWTFS
 1 2 3 4 56
78 9 1011 12 13
1415 16 17 18 19 20
2122 23 24 25 26 27
28 2930    
 
T: Y: ALL:
Created in 0.0102 sec.