傷病者の気持ち

おはようございます
今日はすがすがしい朝となりました
元気にしていますか?

金曜日、私の沸点は最高潮になりました
「テストもある、手技試験もある。だから任意で受けるものは出来ない」
・・・。
出来ないなら、しなくていい。
その代わり、救急救命も出来ません

手技試験も
テストも
計画的に勉強していけばいいだけ。
優先順位も考えられないような救命士は
何も出来ないはず。

自分の意見ではない。
傷病者にとってどうか。
傷病者が必要なことを
必要なだけ提供することが
救命士の使命である。
やりたいのと、出来るのは違う。

傷病者が外国人であったなら。
体もきついのに
言葉の壁があったなら。
救命どころの話ではない。
傷病者とコミュニケーションもとれないのに
救命なんて出来るわけない。

そこから、私の沸点に届き、
そういう思いがあるのなら
テストの点なんて何の評価にもならない。
救命なんて出来ない
そう思います。

もう一度良く考えた行動をしてほしい。
そう思っています。

今日も頑張りましょう:)

― posted by 広報 at 09:02 am

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2019.4 >>
SMTWTFS
 1 2 3 4 56
78 9 1011 12 13
1415 16 17 18 19 20
2122 23 24 25 26 27
28 2930    
 
T: Y: ALL:
Created in 0.0188 sec.