評価

おはようございます
今日は雨が降って寒い朝となりました
体調管理に気をつけましょう

私が一番苦労するのが評価です
人が人を評価するわけですから大変です。
難しい。

学生にとっても気になるのが評価でしょうけれど
私にとって、その評価というものが学生の人生を決める大事なことです。
救急にいると、命の重みに対して真剣に対応してきたわけですが
今の私にとっては、
これだけ多くの人生を預かるわけですから
その責任の重みにいつもいつもさらされています

その中でひとつだけ信念をもってやっていることがあります
「その評価が学生の将来の視点で見たときに有益になるか」
ということ。
いま、私が甘い評価をしてしまうことは簡単です
しかし、そのことによって将来傷病者が困った状況になったり、
卒業してライセンスを取ったときに困ってしまったら。
それは私が正しい判断をしていないということになります
だからこそ、今の判断は長い眼で見たときの判断であるべきであろうと。
評価にこだわる必要もあると思うのです。

私が皆を評価する。
それは私が学生によって評価され、
その信頼のもとで、私が学生を評価出来る。
信頼のない評価は何の意味ももたない。
そう思います。

学生に寄り添うこと
地道なことが大事だと思います。

いつでも、どんな小さなことでも
学生がどうなんだろう、こうしてほしいなど
貴重な意見を言えることは大事なことです。
私はそれに対応できる限りは対応していく。
そして信頼関係の上で、評価し合えることを
目指しています。

テストの点だけではないというのは
こういう意味もあったわけです。

さぁ、連休前です。
アクセル全開で頑張りましょう:)

― posted by 広報 at 09:02 am

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2019.4 >>
SMTWTFS
 1 2 3 4 56
78 9 1011 12 13
1415 16 17 18 19 20
2122 23 24 25 26 27
28 2930    
 
T: Y: ALL:
Created in 0.0100 sec.