自覚

おはようございます
今日は少し肌寒いように感じます
インフルエンザも流行の兆しがあります。
急に暖かくなったり、寒くなったりすることで
体力も使いますし、
インフルエンザ予防接種から3ヶ月以上経ってしまい
免疫が下がってきているからだと思います
しっかり体調管理をしていきましょう

昨日、21回生は大事な話し合いの時間がもたれました
いろんな話がありましたが
皆が思う気持ちをそろえることは大変です

私がここで学んでほしいことはたくさんあります
その中でも
学生のときに持っている「情熱」だけは
今しかないものであり、
現場に行くとまた違った形になってしまうので
その救命に対する情熱を分かち合えるような仲間を作ってほしいと思います

日本の文化の中で
感情を表現することは余りありません
耐え忍ぶことが美学とされることもありました
もちろん時代は進み、
悪いことは悪いと言える風潮もあります
しかし、世間をにぎわせたように
いまだ忖度も存在しています

医療の中で、聞いてはいけないこと。
それは興味本位で聞くことです。
しかし、傷病者のため、診断のため、病院選定のためとなれば
聞くことは聞かなければなりません
やることをやる。
聞くことを聞く。
それが出来るのも免許があるから出来ることです

私にはなくて、学生にはあるもの。
それが救命に対する熱い思いだと思います。
これだけは、私はきっと学生には負けるだろうと思っています
負けず嫌いの私がそれを認めるのだからよっぽどです。
免許の元で働く私は、聞くことは聞く。
でも、興味本位で皆さんの熱意を聞くことは出来ません
もちろん、そんな話をしていきたいのですが
感情を表現するのが苦手な皆さんに
熱意を聞き出すとなると相当の時間がかかると思います。

しかし、熱意があふれてる人には何か違ったオーラがある
あふれてるわけですから、聞き出しやすい。
もちろん、聞いても困るわけがない。
となれば、私もチャンスです
ぜひ聞いてみたいなと思います。

救命学科が全員
「誰にも負けない救命に対する思い」があふれるように。
その思いがあってこそ、救急救命士としての自覚が芽生えるのだと思います。

「自覚を持ちなさい」
それは「人を助けたいという思い」を
思い出しなさい。
ということなのかもしれません。


さぁ。
今日も入り口、出口で頑張りましょう:)

― posted by 広報 at 09:31 am

気持ちをひとつに

おはようございます
大型連休前の一週間はきついですね
頑張っていきましょうね

さて、21回生はこの一週間で
消防実習になります
クラスメートと顔を合わせることがなくなります
2年生になり、いよいよテストだなんだと大変な時期になりました
これはとても大変なことのように見えますが
みんなやってきていること。
ここで弱音を吐くわけにはいきません

最終試験になってしまった学生も多くいて
私自身も補講、実習、学生選手権などなど
多くの課題をいっぺんにやり遂げるときがきています

こんなとき、心が少しすさんでしまうのですが
深呼吸。
なりたい救命士像を思い出して下さい
「できる自分がいる」
その気持ちをもって、頑張っていきましょう

そして、どんなときでも
クラスが心をひとつに。
誰が欠けてしまってもクラスは成立しません
もちろん、熱意のない救命士を世に出すわけにはいきません

「命を助けることに情熱を。」
「どんな状況でも判断は冷静で、手技は一流」

私はそんな学生の育成に今日も頑張ります

22回生は資器材の準備をしっかりしましょう
授業の時間に資器材をそろえるのは
授業時間を短くしてしまうことになり、
教われることも少なくなってしまいます
多くのひきだしをもつことは
将来、皆さんが現場に出たら役に立ちます
私なら、こういうスタートだとしたら
資器材を使用した授業はさせません。
資器材の情報を持ってないのに
大事に使えるわけがないので。
つまり、傷病者のためにならない。
だったら、早期搬送すればいい。それだけです。

医療は私たち救命士から始まる。
そこに情熱を持って。

今日も一日頑張りましょう:)

― posted by 広報 at 09:13 am

傷病者の気持ち

おはようございます
今日はすがすがしい朝となりました
元気にしていますか?

金曜日、私の沸点は最高潮になりました
「テストもある、手技試験もある。だから任意で受けるものは出来ない」
・・・。
出来ないなら、しなくていい。
その代わり、救急救命も出来ません

手技試験も
テストも
計画的に勉強していけばいいだけ。
優先順位も考えられないような救命士は
何も出来ないはず。

自分の意見ではない。
傷病者にとってどうか。
傷病者が必要なことを
必要なだけ提供することが
救命士の使命である。
やりたいのと、出来るのは違う。

傷病者が外国人であったなら。
体もきついのに
言葉の壁があったなら。
救命どころの話ではない。
傷病者とコミュニケーションもとれないのに
救命なんて出来るわけない。

そこから、私の沸点に届き、
そういう思いがあるのなら
テストの点なんて何の評価にもならない。
救命なんて出来ない
そう思います。

もう一度良く考えた行動をしてほしい。
そう思っています。

今日も頑張りましょう:)

― posted by 広報 at 09:02 am

ちなみに

国家試験まで


あと・・・


323日です:P

― posted by 広報 at 09:21 am pingTrackBack [0]

 

停滞期

おはようございます
今日は気持ちのいい朝となりました
いかがお過ごしでしょうか

さて、いろんなことを継続的にしていると
必ずといっていいほど停滞期がきます
勉強やシミュレーションなどなど
それに悩んでしまう学生も多くいます

私も数々の停滞期を経験してきましたが
それはあっけなく終わることも多かったです
苦しいと思ってやめてしまったことも多くあり
それを後悔して、またやり直したりしました
逆にやっているだけで意味なく過ごしているときも。

そんなときもある
どんなときでも絶好調なわけがない
でも
そこが天才か否かの境目だと思います
天才は、頭がいいことではないと私は思っていて
そんな苦境のときでも歩みを止めない
そのモチベーションをもち続けることの出来る人が
天才なのだと思います
モチベーション高くいることは
難しいことです
そんな状況でもモチベーション高くいられるのは
きっと
「叶うかもしれない夢」があるからです。
人を動かす力がある夢をいつももち続けることができるかどうか

どんな状況でも自分らしく
自分にしか出来ない救命をすればいい
教科書どおりにシミュレーションをやったところで
傷病者を観ることは出来ない。
傷病者を観て自分らしくやり遂げること。
そこに自信を持ってほしい。

自分の優しさが
救急を担うことができるはず。
そんな日が来るのももうすぐです(QQ)

今日も一日頑張りましょう:)

― posted by 広報 at 09:05 am

<< 2019.4 >>
SMTWTFS
 1 2 3 4 56
78 9 1011 12 13
1415 16 17 18 19 20
2122 23 24 25 26 27
28 2930    
 
T: Y: ALL:
Created in 0.0125 sec.