[ カテゴリー » 救急救命学科 ]

海上保安庁

今日は曇りですね
風邪など引かないように注意してください

さて、たびたび海のニュースになると
「海上保安庁」という名を聞くことがあると思います
少し前、「海猿」のドラマがあったのですが
そのドラマのモデルとなっていました。

私たちの住む日本は海に囲まれた島国です。
その海には多くの出来事があります。
それを正しい判断で解決しています。
私たちは、そんな彼らの仕事で安全な海のある生活を送っているわけです。

海が好きだから
海で人の役に立ちたいから
日本の海を守りたいから

そんな理由で海上保安庁を目指しているのかもしれません。
そんな大切な任務を任されている海上保安庁ですが
職務につきながら救急救命士を志す学生がいます
救急救命士は国家資格なので、厚生省が認可している教育機関で
ある一定の教育を受けることが義務付けられています

海を守っている人が救急救命士を目指すわけですから
それはとても大変なことです。
勉強も筋トレも限界まで頑張っています
仲間とともに切磋琢磨しながら学校生活を送っています
もちろん、いろいろな苦難もあるでしょうが
それをしっかりと分析し、解決する力があります

そんな仲間がいる救急救命学科は
時に厳しく
時に楽しく
同じ救急救命士を志す仲間が一丸となって頑張っています

「誰かを助けるために」
失敗を恐れず、最後までやりぬく力をつけて
卒業を目指します。

しっかりと自分のことを責任もってやり遂げる

そんな学生を応援しています:)

― posted by 広報 at 09:59 am

女性救急救命士を目指して

最近では、女性救命士が多く見受けられます。
近年、女性消防士が活躍している状況にあります。

外傷傷病者の対応や、精神疾患の対応、小児救急の対応など
キメ細やかに見ることができ、
現場ではとても助かるそうです。
車の運転や、職場環境などにも貢献できそうです。
職場では、女性がいることによって華やかになったり、
言葉使いなどがしっかりしてきたなど、
車の運転は丁寧でよかったなど
傷病者にとってもいい効果があるようですよ。

とある消防では35名前後の女性消防職員がいるそうです。
しかしながら、
仮眠室やシャワールームなどの整備が進まず
女性職員を採用できないという現状もまだまだあるようです。
そういう状況もありながら
多くの女性救命士が活躍できるような日本になってほしいものです。

私たち、国際医療福祉専門学校 救急救命学科では
女性救命士の活躍を目指し、多くの学生を受け入れられる体制を作っています
更衣室をはじめ、教員などあらゆる体制を整えております。

女性だけど、救急で働きたい
女性だけど、消防署に勤めたい
体力に自信がないけど、人を助けたい
そんな女性を応援しています。

ぜひ一度、私たちに声をかけてみてください。
きっと、なりたい自分になれるはずです:)

― posted by 広報 at 04:04 pm

 

自分の責任

今日は肌寒いですね
風邪など引かないように気をつけましょう

さて、救急救命学科の規則の中に
職員室の入室時間が設定されています
会議中などイレギュラーなことがない限り
この時間帯を除くすべての時間が入室できます
2回のノックをして入室してくるわけですが
私も学生のころ緊張していたように、今も変わらず緊張するのだと思います

そのほかにも
単位認定試験の規則、再試験の規則などなど
いろいろなことが規則で決められているわけです
それは細部まで決まっていますが
自分で責任を持って行動できるようにと
決まっているものです
何かがあっても、きちんと報告・相談が出来るように
この2年間で身につけなければなりません。

2年生になれば、1年生の手本となりアドバイスできるようにしなければなりません

相談なしに勝手に自分で判断して
勝手なことをやっていては、チームを乱し、
チームごと危機にさらすようになってしまいます

危険と隣り合わせの仕事だからこそ、
自分たちの安全を守ること。
それが救急救命士にとって大切な判断のひとつです。

― posted by 広報 at 01:11 pm

いろいろな

今日は雨で、少し肌寒いですね
もちろん、マフラーなどが活躍中でしょう

さて、昨日の時間で
模擬血管を作ってみました
なかなかの出来で、今後学生に使ってもらえたらいいなと思います
原理は簡単で、使う物品もわずかなので
まさにエコな感じです。
一つ一つの物品が破損していくたびに
「よく頑張って練習したな」と思いつつ
私たちも工夫していく手段を考えます

学園にはいろいろな物品がありますが
その多くは医療の品なので高額です
これが5万円????なんていうものもあります
なので、練習を多く出来るようにしていきたいなというのが
私たちの意見です。

これからいろいろな物品が購入予定です
新しいからうれしいですね
その中で一人でも多くの学生が練習できるように
手技や扱いに注意してくれたらいいなと思います

「立派な救急救命士になるために」

私たちは、学生を応援しています:):D:)

― posted by 広報 at 09:44 am

楽しみだな

今日はいい天気ですね
天気のいいうちにいろいろ進めておきたいですね

さて、今日は21回生が静脈路の確保の実技をしています
私たち救急救命士の特定行為のひとつです
ここまでくると、あの4月の初々しさはどこへやら。
きりっとした救急救命士のたまごになっていきます

私たちが救命するために行える処置は数多くありますが、
この繊細な手技はトレーニングあるのみです
また、実際の患者さんで行うのとは違い、模擬人形の血管には弾力があるので
シンプルに手技の獲得をしているだけなのですが
一つ一つを丁寧に声に出して確認し、
実際の手技を行います。
丁寧に、すばやく、確実に。
それはそれはたいへんな作業であり、緊張しているようです

神経の走行、血管の走行など解剖生理学的にしっかりと捉えて
確実に行えるといいですね。

さぁ
たくさん練習していきましょう:)
もちろん、継続して練習していくことが必須ですよ:P

― posted by 広報 at 09:32 am

<< 2018.11 >>
SMTWTFS
    1 2 3
45 6 7 8 9 10
1112 13 14151617
18192021222324
252627282930 
 
T: Y: ALL:
Created in 0.0343 sec.