竹島桟橋で救助者訓練参加

2019年12月27日

12/20(金)東京港竹島桟橋で海上保安庁、東京消防庁、警視庁の合同訓練が行われた。国際医療福祉専門学校は傷病者役で救急救命学科1年生が参加した。東海汽船、橘丸で小規模火災を想定しての訓練でした。晴天に恵まれ、参加巡視艇は海上保安庁5隻、消防庁2隻、警視庁2隻で壮観でした。船内ではプロの方々のきびきびした訓練を真近に見たり、学生達の一部は巡視艇にも同乗でき、有意義な一日でした。

posted by 広報 at 10:07 am